分煙機は設置スペースや用途に合わせて機種を選ぶ!

オフィスや公共施設に喫煙室・喫煙スペースをつくるときには、煙を吸い込んで内部の粉塵フィルターで有害物質を取り除いて清浄な空気を排出してくれる分煙機の設置が不可欠ですが、現在では設置スペースや用途に合わせて選べるように様々な種類の製品が登場しています。

たとえば、分煙機で特に設置しやすく簡易な喫煙スペースをつくるときにも対応しやすいのが、テーブル型の製品です。
テーブル型の製品には、上に灰皿が備え付けられていて煙草や飲み物などを置くスペースもあるので、そのまま喫煙室の真ん中に置いてテーブルとして利用できるのが特長です。



テーブル型の製品は椅子に座った時にちょうどいい高さになっていますが、立って使うときにちょうどいい高さのカウンター型の製品もあるので、用途にあわせて選びましょう。



一方、分煙機を床に設置するスペースがない場合には、天井埋込み型の製品を利用するのもお勧めです。
この製品は天井に機器を設置するために工事が必要ですが、一度設置してしまえば室内で喫煙者が出した煙草の煙をまとめて吸い込んで処理できるので、元々ある空き部屋を喫煙室に改造したいときなどにぴったりです。

また、天井埋込み型の分煙機は、部屋の雰囲気を変えずに分煙することができるので、オフィスの会議室や応接室、一般住宅のリビングのような既存のお部屋の空気をキレイに保ちたいときなどにも適しています。
このように、分煙機は様々な種類の製品が存在するので、設置スペースの広さや喫煙者数、想定される利用者など、様々な条件に応じて適切な製品を選び、喫煙室・喫煙スペースをつくることが大切です。



現在では、喫煙室・喫煙スペースの設置を検討中の方の相談に丁寧に応じ、機器の設置まで請け負ってくれる業者もあるので、喫煙室のことでお悩みの方はまずはこうした業者に相談してみることをお勧めします。