煙草を吸わない人も分煙機が有れば安心

オフィス内を全面禁煙にしている企業は多くなっていますが、全面禁煙になることで煙草を吸う従業員は煙草の離脱症状により、イライラが増してしまったり、集中力が低下するため仕事が捗らない、ミスが多くなると言ったデメリットが生じてしまいます。


そこで、大半のオフィスには喫煙所と言う小部屋が設けられており、室内にはテーブル式などの分煙機が設置されており、室内の煙を吸引して空気を浄化しています。
テーブル式の分煙機は特別な工事をすることなく、密室にした空間の中に設置するだけで喫煙者が吐き出す煙や灰皿に煙草を置いてある時に立ち上る煙を吸い込んで、内部に取り付けられているフィルターがタールやニコチンなどの有害物質を除去するため、空気が浄化され喫煙所内の壁などが汚れずに済むと言ったメリットが有ります。



喫煙所と言うのは煙草を吸う人だけが入る空間と言う事になるわけですが、打ち合わせなどの延長で、喫煙をしない人も喫煙者と一緒に喫煙所に入るケースも有ります。



分煙機は受動喫煙を防止する事も出来ると言われている設備であり、非喫煙者が喫煙所内に入った場合でも、受動喫煙のリスクを低下させることが出来ると言います。

また、換気扇などを利用して煙を排出している場合に起こり易い、煙草臭さというものを分煙機内部に取り付けられている脱臭シートや活性炭フィルターなどにより臭いを除去してくれるため、喫煙所内の煙草臭さを低減させる効果も有ります。

遮熱フィルムの情報を幅広く扱っているサイトです。